Le VésinetとMaisons Laffitteでの収穫

日曜日のVésinet。
IMG_1687.jpg
小さめのミルク缶
赤い蓋のついたアルミの容れ物(多分、キャンプ用自炊セットの外箱)

ピンク色がきれいなミニサイズのボウル
鳥のイラストの小さなカップ(Sarreguemines)

鉄の錘

犬や子供の楽しいイラストが描かれた、歯ブラシ置き(Sarreguemines)

手前のは摺り子木(じゃがいもをつぶしたり)は、売り手の70歳くらいの女性のおばあさまが使っていたらしいので、相当古い。見た瞬間、カーブの美しさと大事に使い込まれたオーラに圧倒されました。

奥の四角いのは、バターを作る時に使ったものだということだけれど… どうやって?
使い方は謎ですが、傷がたくさんあっていい色つやで、眺めているとほっとする。

そして、午後のMaisons Laffitteでの収穫。
IMG_1676.jpg
奥の左手の絵は、17世紀の本の1ページを額装してあったもの。こういう昔の印刷物に弱い。右には、Buvard(ビュヴァー)、インク吸い取り紙。ブルーのインクを吸い取りまくった使用後のものも、1枚買いました、抽象絵画みたいでおもしろいから。

木のしゃもじみたいなのは、これまたバターを作る時のものらしい。大味な削り具合がユーモラスなので、購入。

アイロン、この日は二つも買ってしまって持ち歩くのが大変だった…さびている方には「FM」と刻印。

金属の蓋付きのガラス製小物入れ
シャンパーニュのメーカーのノベルティと思われる、栓抜き

細かい地模様付きのケーキの型
アヒルと靴の形のチョコレートの型

薬瓶、めずらしく蓋付き

蹄鉄(だいぶと小さいから、ポニーかロバ?)

よくこれだけ全部持って帰れたな…

6 Comments

  1. すごい、大収穫だね!!!
    こんなに大量に、さぞ家まで持って帰るのが大変だったことでしょう…。
    最初の写真のすりこぎ、すごく素敵です。私も調理器具系は弱いです。
    アルミのミルク缶とかも、状態がいいのって結構少ないよね。
    アイロンとかすごく重そうで大変だけど、ブロカントの苦労はそこよねぇ。

  2. paris_saisai

    >lechantierさま
    すりこぎ、あったかい感じでいいよね。ブロカントの大先輩のお眼鏡にかなってうれしいよ。アイロンより重たいのは鋳物のお鍋だけど、まだそれは持って帰って来た事がないな… 次回パリに来る時は、一緒に郊外のブロカントを回りたいね。

  3. Pingback: Le PecqとIssy-Les-Moulineauxでの収穫 | パリ彩々。

  4. Pingback: Joinville-Le-PontとMontreuilでの収穫 その1 | パリ彩々。

  5. Pingback: Saint-Cloudとパリ16区(Parc des Princes)での収穫 | パリ彩々。

  6. Pingback: パリ8区(Bd. Haussmann, Rue Tronchet)のブロカント | パリ彩々。