Bioのノンアルコールビール

15区、メトロ6番線Sèvres-Lecourbes(セーヴル・ルクルブ)駅近くで、新しいBIOのお店を発見。家からも遠くないRER線Vincennes(ヴァンセンヌ)駅近くにあるのと同じ、Bio c’Bon(ビオ・セ・ボン)
東の郊外モントルイユのNouveaux Robinson(ヌーヴォー・ロバンソン)ほど大きくはないものの、パリ市内のBioのお店の中では最大と思われます。入り口側に生鮮食品、お肉屋さん、チーズ屋さんなどがあって、奥に長い構造。
よく見ると、買い物かごもカートもリサイクル樹脂製。なかなかきれいな色です。
IMG_0196.jpg
お店の奥まで探検に行って(再奥は化粧品やアロマオイル、バス用品など。店の規模の割に、ちょっと貧弱な品揃えのような。)戻ってくる途中に、ビールのコーナーを発見。瓶のラベルのデザインがビールらしからぬかわいさで、手に取って見ると、なんとノンアルコールのビール。この日は2本試しに買ってみました。
bierrebio.jpg
そのうちの一本、さくらんぼのビール。
フランスに住むまでは存在すら知らなかったこのKriek Cerise(フランスではクリーク・スリーズと呼ぶ)、さくらんぼの色がきれいでおいしいので、見つけたら時々買っていました。ベルギーのお酒だったのか、と今さら感心。
ノンアルコールのクリークは初めて。冷やす時間を惜しんで試飲…
これはおいしい!
うまみはビール以上に感じられるほど濃厚、アルコール抜きなので喉も変に乾かず、酔っぱらう事もない。しかも安い。気のせいかさくらんぼの香りで癒されるような。
もう一本の普通の黒っぽいビールは、麦の味と言うか、黒砂糖のエキスのような味。ビールとは遠縁の「麦ジュース」と言えばわかるかな…いやこれは飲んでみないとわからないかも。