航空ショー「Meeting aérien」| 2018

おととし去年に引き続き今年も行ってきた、一般向け航空ショーMeeting Aérien。
今回は友人フランソワの甥(大学生)も参加ということで、4人で現地入り。晴れの予報どおりの快晴だった。






午前中の地上展示を回ったあと、駐車場まで戻り昼食の準備。
そう、毎年バージョンアップするつもりでいる「ヴィンテージ機内食ピクニック」である。今回新たに投入した小道具は、エールフランス客室乗務員の制服。Carvenがデザイン提供していた、1990年代のもの。


フランソワの甥氏は、まさか初対面の日本人が制服を着て機内食を出してくるとは思わず、驚いていた(というか反応に困っていた)。
大学生男子の好き嫌いがよくわからなかったので、ほぼ全部Picardの冷凍食品(前日に十分焼いておいたキッシュ、プルーンのベーコン巻き、自然解凍しつつ保冷剤にもなるエクレア)にした。手作りじゃない方が嫌いなものを断りやすいだろうし、気温が上がるのがわかっていたので私も食中毒のリスクを背負いたくない。保冷剤は完全には溶けていなかったものの、直射日光の下で盛り付け作業をしていたら、すぐに食器が温まってしまった。

食事中にで航空ショーが始まる。最も古い型から順番に何機か飛んだ頃、パイロット無線を聞いていたフランソワが「このあとラファールが来るぞ!」と教えてくれたので準備(フランソワは私がラファール目当てに来ていることを知っている)!


Rafaleはいつ見てもカッコいい、痺れる。全身の細胞を揺らすような轟音が快感でクセになる。去年と機体のグラフィックデザインが違っていて、ちょっと戦隊ヒーローものっぽい。



(夫が望遠レンズで撮った画像を拝借)