ブロカントにハマったきっかけ

ブロカントの世界に私を引き込んだ友人のひとり、Yさん。
夏の初めにパリ3区のブロカントを一緒に回った時には、彼女の知識の豊富さにびっくり。猛暑の中、喉の渇きも時間の経つのも忘れるほど熱中して、結局、脚が棒になるまで歩きました。
そういえば彼女のお家には、古くて素敵なものがたくさんあったような…(実を言うとつい最近まで、あまり意識していなかった)このブロカントの数日後に彼女のお家で集まったときに、改めて彼女のコレクションをじっくり見る機会が。
P1020188.jpg
おっと、これはブロカントではなくて、この日のスター、高級イベリコハム。バルセロナに引っ越したばかりのMさんがお土産に持って来てくれました。口の中ですーっと融ける、素晴らしいお味。あまりのおいしさに、写真をもう一枚アップ。
P1020189.jpg
たった一口で私のハム人生をさらっと塗り替えてしまった、衝撃のハムです。
P1020192.jpg
さて、本題に戻って、ここからが彼女のコレクションの一部。模様がややいびつに描かれているのが古いものならではで、いい感じ。載っているお料理は、前菜の「白身魚とセロリのマリネ」。
P1020193.jpg
花のサイズや葉の意匠が少しとぼけていてかわいらしいお皿に載っているのは、主菜のPetit salé(プチ・サレ)とレンズ豆の煮込み。
P1020191.jpg
楕円型のこちらのお皿は一見使いにくそうですが、意外とどんな時にも活躍するそうです。
ブロカントで買うものの好みを見れば、なんとなく人柄がわかるような気がしておもしろい。