パリ3区(rue de Bretagne)のブロカント | 2017/11 前編

5月開催時には事情により行けなかったので、1年ぶりに訪れる3区のブロカント。

センス良いブルーに後染めされた1900年ごろのリネンシャツは、来年の神戸でのポップアップストア「アチコチズ」のために仕入れ。

とても薄い綿のシャツ(これもおそらくパジャマか部屋着)は、数日かけて頑張って染み抜きをしたらほぼ綺麗になった。

以前にもバスクの布巾などを買ったことのある女性のスタンドで見つけた、小麦粉を貯蔵するためのバスクの布袋。約1年前に買ったバスクの家畜用のカバーと似ているものの、より厚みがあって柔らかい感触。リネン100%ですかと訊くと、綿と麻の混じった織物だという。

よく見てみると、生成り地の部分は経糸が綿で緯糸が麻、赤い線のモチーフ部分は縦糸も緯糸も麻のようである。織られた時代は1900年ごろ、村のパン屋が小麦粉を入れて使っていた業務用品なのかもしれない。
この2件の買い物ですでに大荷物で、手がちぎれそうに重い。

これまた1900年ごろの薬局で使われていた陶製保存瓶を発見。蓋付きでとても良い状態、しかも文字が入った業務用品ときたら、買う。

EXT(Extrait)de Genièvreとあるのでジュニパー・ベリー、お酒のジンに使われる木の実(ねずの実)のエキスが入っていた容器だ。小さくてとても可愛い。

知人Tのスタンドでは、フランス海軍の将校用のカトラリーを購入。デザートナイフとデザートスプーンを2本ずつと、ナイフ置きを3つ。

クリストフル刻印入りの銀メッキ製(Ercuisの物もあったのだが、ナイフの刃が傷んでいたのと、数が揃わないのでクリストフルにした)。傷だらけの躯体に錨のマークがカッコいい。おそらく1950年から1960年代ごろの品物。

シルバーのナイフ置きは好みのデザインの物がなかなかないので、見つかって嬉しい。