パリ8区(rue Tronchet)のブロカント | 2017/09

買い物をしたのはどうやら3年ぶりの、8区マドレーヌ寺院界隈でのブロカント。デパートの立ち並ぶエリアなので、品物が観光客向けに偏っていて価格も心持ち高め、立ち寄ることはあっても見るだけで終わることが多かった。

朝からひどい天気で、今にも雨が降りそうな雲行きを気にしつつ歩いていると、紙物専門のDに会う。この日はパリの地図が売りに出ていなかったので、買わずに済んで少しホッとした。その代わり、面白い小さな印刷物を6点見つける。

1958年の交通ルールのリーフレット。「Poulainチョコレート提供」と表紙に書かれているので、もしかしたら板チョコのパッケージに挿入して配布されたのかもしれない。横長の紙を2つ折りにした状態で巻き3つ折りにしてある(巻き6つ折り??)ので12ページ、道路標識の早見表と、車輌運転者と歩行者の双方がそれぞれ守るべきルールなどが図解されている。イラストで描かれた人物たちが中途半端に写実的でちょっと怖い。同年の道路交通法の大改正にあたって、大規模な啓蒙キャンペーンが行われたのであろう。
裏面にフランスの県番号一覧があるのだけれど、当時はまだ91から95の県番号が存在しない。現在はパリ市のみを示す県番号75は、昔は「セーヌ地方」という大きな括りで、パリとパリ郊外の県をひとまとめにしていたのだ。知ってはいたけれど、実際の印刷物でSeineという県名を目にすると不思議な気分になる。

派手な左右色違いのタイツに細長く尖った爪先の靴という、14世紀の最新流行ファッションに身を包む鷹匠の図。真面目なのにどこかユーモラスな様子に、目が離せなくなった。銅版画に手彩色、18世紀後半から19世紀の印刷物ではないかと見当をつけている。

Durham(ダラム)肉牛の絵。堂々とした牛の力強さと背景の描写力に圧倒される。藁葺きの建屋と牛しか描いていないのにこの存在感はすごい。

1832年6月30日と日付まで入った、「パリジャンの衣装」と題された絵。
イラストの下に、「Faconas algériens de M(ins) de M.Gagelin rue de Richelieu」というキャプションがある。Faconasが辞書に載っておらずネットでもヒットしないので諦めてGagelinという名前とMagasinの単語で検索すると、パリのリシュリュー通りにあった有名服飾店だったらしく、当時の領収書などの画像が見つかる。
どうやら当時のファッションカタログの1ページで、Faconas algériensというのはこのドレスのデザインの名前(PrieurとかFavoriとかいう名のついた他のデザインがネットで見つかるので類推)か、またはこのドレスを発注し制服として採用していた店舗(エプロンを着けているので)の名前だと思う。