パリ19区(Av. Secrétan)のブロカント | 2014/08

13区の高架下ブロカントを見終えた後、19区へ移動。
IMG_0806.jpg
古い写真を4枚。箱に大量に入った中から、30分ほどかけて探した。
IMG_0807.jpg
町の音楽会の写真。左側にいる少年の様子が面白い… 上半身を乗り出して譜面を覗き込んでいる。1952年夏、と裏面に記載あり。
IMG_0808.jpg
これは、誰1人としてレンズの方を向いていないのがシュールで好きな1枚。なんとなくジャック・タチの映画を彷彿とさせる、ユーモラスでシニカルな光景。裏には、1957年8月17日の文字。
IMG_0809.jpg
男性6名が庭で食事中の1枚。中央右にいる男性が咥えたアルミ製の漏斗を目掛けて、左隣の男性がワイン瓶を傾けている。若い男性が集まった時の悪ふざけというのは、時代を超えて受け継がれるようだ。裏には「Brignoleの田舎でのパパ」と書かれている。南仏の田舎で過ごした休暇の思い出の1枚、さて、主役の「パパ」氏はどの人だろう…
IMG_0810.jpg
軍服の男性と制服姿の女性と背広姿の男性。映画「Jules et Jim(邦題『突然炎のごとく』)」を思い出すシチェーション。裏面には「VillefrancheのRoute de St.-Michelにて8月8日」とあり、1940年の撮影と思われる。この1枚だけ、印画紙がVelox。
IMG_0811.jpg
ぺらぺらの藁半紙みたいな紙に墨1色印刷の、選挙人カード。右の物が1950年、左の物は1955年発行。
IMG_0812.jpg
これ、どうして投票権の権利カードに国民保険番号がくっついているんだろうと思って少し調べたら、第2次世界大戦後から1955年まで、短期的にIDカードが無い混乱の時代があったもよう。なので、国民番号の替わりに国民保険番号を使って個人の照合に当てていたのではないかと勝手に想像してみる。あ、それとももしかして、保険カードが選挙人カードと単に合体していた、スマートな時代ってこと?!現在の選挙人カードには、ID番号とまた別にある「選挙人番号」と氏名と現住所が記載されているようなので、投票日にはIDカード記載情報と選挙人登録リストと選挙人カードの3つを照合するんでしょうね、きっと(フランスで投票権ないんで詳しく知らんけど)。

使用書体も面白い。長体のかかった垢抜けないサンセリフ体。小文字の「y」の足に妙に色気があったりする。Frutigerがあの美しいUniversフォントを世に出すのが2年後の1957年なので、なるほどねという感じ。

1950年には手書きだった記載事項が、1955年にはタイプ打ちに。また、タイトル文字以外の文面には、当時流行したGill Sansが使われ、明るい50年代の空気を感じる。