南フランスの村での散歩

8月半ば、南フランス滞在中に撮った写真。

午前中から暑いので、村の中心部を歩いていても住人に出会うことがほとんどない(みんな屋内か日陰にいる)。

汗だくになりながらカメラを構えているのは、物好きな観光客だけである。

Tour Anglica(アングリカ塔)。教皇ウルバヌス5世(Urbain V)の弟、Anglic de Grimoardにより14世紀に建てられた、アヴィニヨン教皇庁の要塞の役割を持つ塔の1つ。すでに何度も来て撮影しているのに、実物を前にすると撮らずにいられない。骨太で力強い中世の建造物は、強烈な夏の陽光に照らされて真っ黒な影をまとった姿が、一番美しい。

同じフランス国内でも700km近く移動すると、植物の様子がずいぶん違う。

名前もわからないし特に調べていないのだけれど、なんとなく好きだった野の草花。

義父宅の庭にもオリーブの木が繁っていて、読書にちょうど良い感じの木陰ができていた。