パリ12区(Bd. de Reuilly)のブロカント | 2017/07

夏休みなので、少ない選択肢から半ば無理やり選んだ12区のブロカント。
2年前に来た時は、プロ業者と地元住民が混じり合って出店する大規模なバザーだった。今回訪れたのは、場所は同じでもプロ業者限定の出店で、買い物をしたのはなんと6年ぶり
スタンド数20ほどの極小ブロカントなのに、しばらく探していた品が立て続けに見つかって、ATMを何度も往復する羽目になる。

パーツが揺れるタイプのイヤリング。貝と石と金メッキの施されたパーツがバランス良く組まれていて、いくつか試着した中ではこれがダントツに似合った。揺れるタイプとは言え縦に長すぎず(やたら長いのは服に引っ掛けそうでいやだ)、重すぎず、色使いも地味すぎず派手すぎず、作りも丁寧。1980年代にクリスチャン・ディオールのアクセサリーを作っていたメーカーらしい(イヤリングを固定している金属製の器具は、昔の帽子店のディスプレイ什器)。

良いものが見つかって嬉しい気分で先に進むと、またもやイヤリングに遭遇する。
シャネルのクリップタイプのイヤリングで、1970年代ごろの品。
この後、知人のGが構えるスタンドで、フランス軍のTシャツのデッドストックを購入(写真なし)。現行品、特に女性用の小さなサイズは滅多に出回らないのでラッキーだった。そしてその手触りといいシルエットといい、プチバトーを思い出すなと思ったら、フランス軍のTシャツはそう言えばプチバトーが製造していたのだった(今でも全部がそうなのかは知らない)。