パリ8区(Pont Alexandre-III)のブロカント | 2017/07

2ヶ月ぶりの8区のブロカント。よく晴れた暑い日だった。

Dのスタンドで、興味深い品を見つけた。
Encyclopédie ou dictionnaire raisonné des sciences, des arts et des métiers、かのディドロとダランベール監修の「百科全書、または学問、芸術、工芸の合理的辞典」の一部。1779年にジュネーヴで発行された版(パリ発行初版が最も格が高いのだが、稀少で超高額な上に、ページのバラ売りなどあり得ない)で、海軍の項の図解が面白かったので3点購入。

2艘の船の断面図、よく見ると上の船の右上に人間がいる!

狭いところでサボって休憩しているような3名が。人体スケールを兼ねた絵描き(Bernard Direx)の遊び心、こういうのに私は弱い。

もう1枚は船の建設現場を描いた図で、浜辺に大勢の人夫が働いている。裾の長い服を着て談話中なのはおそらく偉い立場の人々。

最後の1枚は、18世紀の帆船時代の海戦戦術図。いくつか違うフォーメーション図があった中から、幾何学模様みたいで面白いという理由で選んだ。

Dのスタンドを後にして数メートルほど歩くと、卓上に無造作に紙類を積み上げたスタンドが。しわくちゃの古い紙があったので広げてみると、高級デパートLe Bon Marchéの文字が上部に大きく入っている。

Les modes du siècle(今世紀の流行)の題がつけられた、19世紀の100年間の流行服の移り変わりを描いたイラストだ。


例えば1810年(画像上)と1890年では、こんなにも違う。紳士服の方が流行の変化が激しいような。
きっと何かの付録だったに違いないと思い少し調べると、デパートLe Mon Marchéが毎年発行していた手帳(Agenda-Buvardと銘打っているからには、万年筆のインク吸い取り紙付き、または全ての紙がインクを吸い取る仕様だったのだろう)の、1899年分だということが判明。当時は各デパートで顧客用のオリジナル手帳が毎年作られていて、ギャラリー・ラファイエットの1930年の手帳を以前に買ったことがあるのを思い出した。

そして、同じスタンドの箱の中から夫が見つけた銅版画。

暗い夜道を進む兵士5人の先頭には、手にランプを携えた痩せた巨人のようなシルエットが。左の建物の2階の窓にぼんやり見える人影、手前の道に蠢くネズミとカラス。主題は陰気なのだが、陰の階調表現が素晴らしく豊かで、視線を捉えて離さない。
余白に汚れがあったとは言え、オリジナルの版画なのに随分と安かった(ボンマルシェのポスターの5分の1!)。しかしこの描写力と完成度を見るに、きっと著名なアーティストだったのではと思い、絵の左下にあるサインを元に調査。

夫がいくつか試しに綴って検索してもヒットしないので、「Boretじゃないのかな?」と私が言うと、ビンゴ!
Amédée de Boretという1837年生まれのフランス人画家及び銅版画家なのだが、なぜかフランス語の解説サイトが見つからない。仕方ないので、オランダ語のサイトにあった文章を自動翻訳して情報を得る。
当時の公式展覧会サロン・ドゥ・パリに出展していたとあるので、実力を認められたアーティストだったようだ。彼の作品はフランス国立図書館とカナダ国立美術館にも収蔵されている。「死」の光景をモチーフにした幻想的な作風で知られ、かのヴィクトール・ユゴーの書籍の挿絵も担当したという(この版画も、もしかしたらその挿絵の一部という可能性が)から、当時の画家の中では成功した方だったのだろう。
彼はアクアチント版画協会(18世紀末からエングレービング版画とリトグラフィー版画に押され気味だったアクアチント版画を盛り上げようと、1862年にAlfred Cadartがパリに設立した)の会員でもあった。このアクアチント技法へのこだわりは、作品からも十分に滲み出ているように思う。