パリ11区(Bd. de Charonne)のブロカント | 2014/06

6月のパリ11区、ライオンズ・クラブ主催の大規模なブロカントでの収穫。

木製の額を2点と、木箱を1つ。

貴重品(時計のパーツなど)を郵送するのに使われていた木箱、切手もきれいに残っている。

この日の大収穫は、Fix-Masseau作の「オリエント・エクスプレス」シリーズのリトグラフ3点。1980年代前半の品。
知人のスタンドで見つけ、好きだけど高くて買えないとあきらめかけたら、大幅な値下げをしてくれた(帰宅後に調べたら、市場価格の1/4ほどで買ったことになる。知人はちゃんと儲けているのだろうかと心配)ので、急いで現金を下ろしてきて購入。
真夏日で、ATMまでの往復が倒れそうにツラかった。

額がバンブー製で軽いのはいいのだけれど、中途半端にはがれた白い塗装が気に入らない。明るいグレーのペンキ(「色を試すための少量パッケージ」という便利な品があって、2,5ユーロだった)を買ってきて塗り、壁に飾ったのが2日前。

これで毎日、楽しい旅の夢が見られるような気がする。