パリ19区(quai de la Seine)のブロカント | 2014/05

5月末、19区の運河沿いでのブロカント。
なかなか大規模で見応えがあった。約3年前にも来た事がある。

この日は額ばかり購入。

1つはガラス板付き。それにしても、やけに重いので帰宅して分解してみると、窓ガラス級に分厚い代物だった。家にあったガラス板で間に合わせたんだろうな…
このままでは重すぎて壁にはかけられないから、ガラスを新調せねば。

額装作品の裏の補強台紙がなかなか面白いのだ。当時のカレンダーや、紙でできた看板広告などが、額に合うサイズに切られて入っている。例えばこれは、ビスケットの広告の1部。

「25_10_07」は、印刷物発行の日付け。07はもちろん2007年ではなくて、1907年のこと。日光を避ければ、カラー印刷物も100年は平気で保つのだな。