パリ5区(Av. des Gobelins)のブロカント | 2017/06

1年ぶりの5区

まずは知人Tのスタンドに寄る。1960年代終わりごろのYves Saint Laurentのサファリ・スーツを思わせる細長いシルエットのシャツを見つけて試着していたら、1960年代のイギリス軍コマンド部隊(少数精鋭の特殊部隊)の女性用シャツだと言う。なるほど、ではサンローランのサファリ・スーツの元ネタになっていた可能性もあるわけだ、時代も合うし。ベークライト製のボタンも損傷なく揃っていて素晴らしい。

次に知人Lのスタンドへ。いつもの場所にいたのですぐわかった。
とても大きな古い地図がバラ売りになっていた中から、迷いに迷って2枚選ぶ。
Michel-Étienne Turgotの命により1734年から1739年にかけて作られたパリの地図、通称plan de Turgotの1部(全20枚)で、1979年にSorbier出版社から再出版されたもの。再出版とは言え一般向けの書籍扱いではなく、研究者用の専門書としての限定出版だったので、かなり数が少ないらしい。Bibliothèque nationale de France(フランス国立図書館)にも所蔵。
地図原画を描いたのはLouis Bretez、原版はChalcographie du Musée du Louvre(ルーヴル美術館エッチング部門)に保存されているという。ルーヴル所蔵のエッチング版といえば、マルセル・デュシャンの祖父の作品を買ったことがあったな、いまだに額装できていないけれど。縮尺は約1/400で、20枚全てをつなぎ合わせると249 × 318cmにもなる。パリ全体を北西方向から見た鳥瞰図で、北が真上を指す地図に慣れている身には、ちょっと分かりづらい。
私が選んだのは全部を並べた時に左上角に当たる通し番号1番と、左列の下から2枚目の13番。パリ市が区ごとに分割されたのは1795年が最初で全12区、それよりも半世紀以上前の地図なので、区の概念はまだない。分割して20枚の地図だから20区の区ごとなのかと思いかけたが、便宜上20枚になっただけのようだ。

1番の左端には何もない、畑ばっかりだなと思ったら、今のHôpital Saint-Antoine周辺である。小さいな当時のパリ!メトロの駅で言うと、8番線のFaidherbe-Chalignyあたりで、もうパリの北東の果て。端っこなので、病院があったり、肉屋がぽつんとあったりする。この角地の飛び地みたいな肉屋が面白いのでこれを選んだのだ。

13番の方は、もう少し混みいっている。右上には直線で描かれた建物がびっしり並び、下の方には果樹園らしき土地が広がる。

その果樹園との境には、サン=ラザール駅が。今プランタン百貨店の建つすぐ裏のサン=ラザール駅がパリの北端、そりゃデパートみたいな大きな建物をいくつも作る土地が残っていたわけだ、19世紀まで。モンマルトル地区はまだパリに含まれなかった時代。

このあと軍物スタンドのGにも会い、ほぼ全ての顔見知りに会ったかな、D以外は… と思った頃に、彼女のスタンドを発見。


Jean MidolleのSpecimen des écritures modernes(ヨーロッパ中世の装飾文字大全)をまた1枚買い足した。Dも常に全部のページを持って来るわけではないので、毎回注意して見るようにしている。彼女は夏休み返上でパリに出店するというので、じゃあまた近々ねと言って別れた。