パリ19区(quai de la Seine)のブロカント | 2017/06

久しく来ていないと思ったら3年ぶりだった、19区の運河沿いのブロカント。

日差しが強烈な上に風があるので、目を細め砂埃でむせながら大量のスタンドを見て回る。昔のチューリップ型のパフェ用グラスが可愛くて買いそうになったが、こんな嵩張るものを、いったいどこに置くんだろう、と思いとどまる。

1960-1970年代あたりのカラフルでポップな雑貨を扱うプロのスタンドに、1つだけ異色な品が。

小鳥の絵が描かれた小さな皿。まだソーサーの中央に窪みが無いデザインが主流だった頃の品だ。

スタンドの主によれば、19世紀のTerre de fer(陶土の1種。ファイアンスよりも白く丈夫な焼き物に仕上がる)であると。窯の刻印は無いものの、似たようなタッチの小鳥の絵付けのGienのキャンドルスタンド(1870年ごろの刻印)を持っているので、Gienか…もしくはLunévilleあたりだろうと思う。

小鳥が2羽で会話をするように飛んでいる姿が可愛らしい。