パリ12区(Av. Ledru Rollin)のブロカント | 2017/04

さて、アレクサンドル3世橋のブロカントで猫のナイフレストを買ったあと、メトロで移動して12区へ。前回ここに来て買い物をしたのは2年以上も前らしい。

紙もの専門スタンドのD(ある用事を頼まれてメールのやり取りをしたおかげで、やっと互いの名前を知った)の所で、文字好きの心を一瞬で射抜く品を発見。

目を皿のようにして吟味して選び抜いた。本当は全部欲しかったけれど、結構高いので6点。

Spécimen des écritures modernes comprenant les Romaines fleuronnées, Gothiques nouvelles, Fractures, françaises, anglaises, italiennes et allemandes de Jean Midolle

これらは、芸術家であり文筆家でありカリグラフィー書家でもあったJean Midolleが1834年に発表した、Specimen des écritures modernesというヨーロッパ中世の装飾文字大全の一部。

フランス、イギリス、イタリア、ドイツの飾りローマン書体や新ゴシック書体が収録されたリトグラフ刷りで、版元はストラスブールのEmile Simon fils。

Bibliothèque nationale de France(フランス国立図書館)にも所蔵と知る。

とにかく素晴らしい、宝石のような紙。

1968年の五月革命のポスターも数枚あった中、1台の車に乗り合う骸骨の絵が面白いのでこれを選ぶ。

現在では復刻版もたまに見かけるけれど、これは1968年6月27日にCogery, Cabasson et du Griffon印刷所で刷られたオリジナル版。Mai 68当時のポスターは風刺画もコピーも名作揃いで、半世紀後の今でも、強いメッセージ性を保ち続けている。