Beynesのブロカント | 2013/09

去年は行けなかったBeynesのブロカント。特に早起きもせず、時刻表も適当に確認しただけで出掛けたら、乗り継ぎ電車を1時間弱待つ羽目に… 時間潰しに下車したヴェルサイユで良さげな骨董屋を見つけたから、却って楽しかったけど(時間が足りないくらい)。

Beynes名物の中世の城壁は未だ修復中、ブロカントの会場は広大な運動公園だった。早く修復工事終えて下さい。
IMG_0549.jpg
収穫。不思議な物ばかり買ったので、俯瞰すると更に奇妙。
IMG_0550.jpg
今までに買った中では最大のアルミ製平鍋、直径22cm。

POIVRE(胡椒)の文字と青い花模様の付いた、Sarregueminesの胡椒入れ。5-6個セット売りされた陶製キャニスターの、最小サイズの容器だと思われる。欠けもヒビも無し、蓋が完全な状態で残っているのは奇跡的。蓋の摘みのアール・デコ的デザインから、1920-30年代のものと推測。

奥右の白い陶製の物は、ランプを天井に固定する部品。部品が一部足りなくて放置中の家のランプに合うかもと思って買ったのだが、外れだった。これはこれで可愛いオブジェなので、1輪挿しか文鎮にでもする…
IMG_0551.jpg
大きなツルツルの木の塊、素材が柘植(つげ)だと聞いて驚き!「あの低木からこのボリュームを得るには、軽く200年はかかる」とは、道具マニアの売り手男性談(2年前にも彼のスタンドで買い物をした)。その昔、水道配管工が鉛の配管を継ぐのに使った道具。短い鉛板をこれに巻いて管の太さを決めて成形、その上から重ねるように次の鉛板を巻いて半田付け… という、気の遠くなるような作業を繰り返していたらしい。焼けた黒い線は、繰り返された半田付けの痕。20世紀初頭の物らしいが、樹木の年齢を考えると、17世紀後半から生きているオブジェ。彫刻として美しいと思うので、毎日触って楽しんでいる。
IMG_0552.jpg
奥は、薬瓶保護用の木製ケース、薬局で使われていた物。処方箋に従い調合した薬を茶色いガラス瓶に詰め、さらに木製ケースに入れて運んだそうな。これにぴったりサイズの薬瓶をが見つかればいいな、そのうち。

手前は、用途不明の小さな木槌。
IMG_0554.jpg
巨大ピンセット、ではない。高さ65cm、馬具職人が作業中の革を押さえる為に、脚で挟んで使った道具。
IMG_0555.jpg
19世紀後半の物だろうとのこと。たくさん働いた、皺苦茶な顔をしている。これも彫刻として愛でている。

因みに、この道具コレクターの男性、1970年代に丸紅と仕事をしていた商社マンだそう。当時の日本滞在の思い出を、懐かしそうに語っていた。