パリ8区(Pont Alexandre-III)のブロカント | 2017/04

きらびやかなアレクサンドル3世橋の下で定期的に開催されているブロカントに行った。

ここは常にプロのスタンドのみの出店で、シャンゼリゼ界隈という場所柄もあり、価格設定も高め。特に何も買うものはないかなと思ったのだけれど、猫の寝姿のナイフ置きがやっぱり諦められず、買いに戻った。

面取りのざっくりしたデザインから分かるように、アール・デコ時代の品物。

1個しかないけれどいいのだ、かわいいから。