パリ13区(Bd. Auguste-Blanqui)のブロカント | 2013/06

前週、パリ証券取引所前広場のブロカントで修理に預けたLipの腕時計を引き取りに、今度は13区のAuguste-Blanqui大通りのブロカントへ。かなりゆっくりしてしまい、現地に到着したのが16時半。さっさと時計屋のスタンドを見つけないと店仕舞いしてしまうと思いつつ他のスタンドもしっかり見て回って、思いがけず良い収穫。
IMG_0411.jpg
好みの色形の木製の額2つ。5月に13区のブロカントで買ったリトグラフを入れてみた(上下の余白がちと足りないのはご愛嬌…)。
IMG_0412.jpg
丁寧な木彫り模様。
IMG_0413.jpg
薄い茶色の額には軍服姿の男性の肖像写真(撮影年は1945年とある)、濃い茶色の額には、免状が入っていた。「31年の職務に敬意を表す」という旨の文章、1928年にアミアン市の土木建築業組合が発行したもので、絹のリボン製の細いフランス国旗が下方中央に貼られている。免状に合わせて作られた横に長い比率の額、今度はこれに合う形の絵を見つけたい… 額が先か絵が先か、の永遠ループ。
IMG_0414.jpg
免状の裏に重ねられていた、包装紙のような紙。モチーフと色褪せ具合に、時代を感じる。

そうそう、Lipの腕時計はムーブメントを交換してくれたとのことで、今ではバッチリ動くように。しかも、修理代はかからず。「うちで買ってくれたんだし、ギャランティーっていうのはこういうことさ!」と時計屋さん。