パリ7区(Ecole Militaire)のブロカント | 2017/04

約半年ぶりの7区のブロカント。とても天気の良い日だった。

軍物スタンドの知人Tが出店していた。

今まで何度も手に取って見てはいたけれど買わずにいた、フランスのChasseurs Alpin(アルペン猟兵。フランス陸軍のエリート山岳兵部隊)の雪山用カムフラージュのアウターで、1998年製。全ての制服の上から被って着るので、オーバーサイズ仕様である。

勢いづいて購入したのはいいけれど、帰宅してから気づいた大きめの黒い汚れがなかなか落ちなくて難儀。漂白に漂白を重ねてやっとほぼ見えないレベルになったので、あとは袖のほつれを少し縫えばメンテナンス完了。正面に大きめのポケットがあって機能的だ。

古いカードを2枚。左は民族衣装を纏ったブルトン(ブルターニュ)人の子供。1903年消印で、裏面にはCarte Postaleの代わりに「KARTEN-BOST」とある。ブルトン語で印刷されたハガキなんて初めて見た!

右はパリのモンパルナス駅。タワーがないから空がスッキリしていたのがよく分かる。

トラムとバスの行き先表示の文字と、駅舎の窓ガラスの「BUFFET」という文字がいい。こちらは1904年消印。