Saint-Cloudのブロカント | 2017/03


毎春、電車とトラムを乗り継いで訪れている、パリ西郊外のブロカント。
午前中は小学生のパレードみたいなイベントで大混雑するので、昼頃に現地に着くよう家を出た。この時期は線路沿いに桜が咲いていて、それも楽しみにしている。
駅前の坂道沿いのパン屋に行列して買ったサンドイッチを手に、いつもの順番でスタンドを見て回る。毎回来ているものだから、どの辺にどの人がどんなスタンドを出しているかもだいたい把握している。「あ、まだあの置き物は売れないんだな、もう3年越しでは」などと思いながら、亀の歩みで進む。とにかく人が多いのである。
前年に19世紀の兵役生活の風刺イラスト入りの皿を買ったスタンドに寄ると、小さなガラス張り什器の中に、見るからに高貴な第二帝政期デザインのオブジェが。

予算超過必至なのだが、せめて間近でじっくり眺めてみたいと思い、スタンド主に話しかける。「これ、実は見えない場所に欠陥があって…」と前置きしつつ、手に取らせてくれた。
動物の角で鼈甲風のイミテーションが安価に作られるようになったのは、18世紀半ばにまで遡るらしい。意外と歴史があるのだな。

この品も動物の角製(おそらく水牛?)で、表から見るとグレー、光に透かして内側から見ると綺麗なマーブル状の模様が浮かび上がる。本鼈甲に比べれば明らかに透明度も明度も落ちるけれど、このマットなグレーの色合いと質感も捨て難い。

金具の部分にも装飾の彫りが施されている。この中に一体、貴婦人のどんな持ち物が仕舞われていたのかと想像が膨らむ。

さて、問題の欠陥とは、外殻の下側の一部欠損であった。

なんだ、このくらいなら私には全く気にならない。上面からは見えないのだし。表面がスベスベなので、手元が狂ってうっかり落としてしまったんだろうな。

試しに10倍率のルーペ越しに撮影したら、細工の美しさがよく見える。

同じスタンドで、銀製のコーヒースプーンも見つけた。

アール・ヌーヴォーの時代だとひと目でわかる、植物的な優雅な曲線で象られた半裸の女神のような意匠。

銀メッキではなく銀製だという。

右を向いて駆けるイノシシの姿をかたどった刻印だとばかり思っていたのだが、そんな刻印は存在しないらしい。しばらく検索しているうちに、左に頭部のあるCharançon(ゾウムシ)の刻印であることが判明。

確かに、イノシシにしては前脚が3本と多すぎるかなとは思っていたのだ。
1893年に枠付きで改訂された、パリの貴金属鑑定所の「輸入品銀製品用」の刻印。ということはフランス製品じゃなくて輸入物だ、ヨーロッパだろうとは思うけれど、どこの国だろう。2個目の刻印が楕円にEOの文字入りに見える(めちゃくちゃ小さいから見間違っている可能性もある)のを手掛かりに、調査継続中。