パリ13区(Av. d’Italie)のブロカント | 2013/05

5月11日、パリ13区のブロカント。
晴れてはいたものの、風が強くて寒かった。

四角いものばかり集まった日。

手彫りの模様が好きで買った、長細い額。

古い額はたいていこんな風に、裏側を台紙で封してある。

1950年代製造のハーモニカ。

鳥のマークがかわいい。

吹き口は木製!ちゃんと鳴る。

Lipの手巻き式時計。左は1940年代、右は1970年代製。時計専門のスタンドで購入した。
1970年代の方の調子が昨日からおかしいので、さっそく修理かな…

Herbelotというアーティストのリトグラフ作品。1950年代。
凱旋門前にKLM航空会社のオフィスがあったのか、その時代には。

ちょっとJean-Philippe Delhommeの絵の雰囲気に似ていなくもない。
青い色調の絵を探していたところなので、うれしい。
夜のシャンゼリゼ通りの喧噪に、赤いドレスの女性が1人… なんともベタなテーマだけれど、こういうのも好きだ。

4 Comments

  1. yukiko

    四角いもの特集、ステキ!
    個人的には腕時計とリトグラフがいいな〜。
    Jean-Philippe Delhomme この人の作品集持ってるのを今見て思い出しました(笑)!

  2. paris_saisai

    Yukikoさま
    デロームの画集、私も初期のやつを持ってます… が、どこにしまったんでしょう?(笑)

  3. にくまん

    わ。デロームかと思った!

  4. paris_saisai

    にくまんさん
    やっぱりー?!