Sébastien GaudardのGalette des Rois | 2017

今年はきっちり公現祭の1月6日に買い求めて、夕食後のデザートに食べたガレット・デ・ロワ。カトリック信者でもないのに、こういう暦はなぜか守りたい派。しかもチョコレートや栗などの変わり味のガレットには見向きもせず、頑なにクラシックなフランジパンを選ぶ。

しかし去年の画像と比べると、今年のは見た目がちょっとゆるい感じかな。去年のは本当に素晴らしい造形だった。

4人用がセバスチャン・ゴダールで売られている最小サイズなので、4等分して各自1切れずつ選んだところ、フェーヴは現れず。翌日の朝食に勝負は持ち越され、当たったのは私だった。

今回、2日に渡って半分ずつ食べ進めて分かったのは、買った当日に食べた方がずいぶん美味しいという事。バターの香りの強さがかなり違う。

機会があればもう1回食べたい。でもフェーヴは去年の方が可愛かったかな。

2 Comments

  1. Corvallis

    フェーブはどんなのでしたか?