パリ19区(Av. Secrétan)のブロカント | 2013/03

3月の最終土曜日に訪れた、パリ19区。
出店の連絡をくれた知人の顔を見るだけだし、と軽装備で出発したら、想像以上に大規模だった。おまけに雪が舞う零下の寒さ… 手袋を忘れて涙目。

また木箱を買っている!

この留め具の形が好きなのだ。

蓋の裏の凸凹具合から想像するに、何か変わった形の道具を入れる箱だったよう。グレーの色味といい、すべてが私の好み。

手前の200gの錘は、初めて見るガラス製。

右側の蓋つきの透明ガラス製の小瓶には、Alcool de Menthe de RICQLESとある。ミントソーダで名を馳せた1838年創業のメーカー、Ricqlesのもの。気付け薬、酔い止め薬として販売された、ミント・アルコールの瓶だ。
蓋つきで残っているのは珍しい。ちなみに薬局では今でも、リクレスはクラシックなパッケージのまま販売中。

緑色のボトルは、南フランスのToulouseで製造されていた炭酸飲料用。
ガラス表面を研磨したステンシル文字が、しまりがなくてよい。
下の方に大きな気泡があったりして、古いガラスはやっぱり素敵(内部の水滴は、洗ったばかりで乾いていないから)。

堂々たるボリュームのステープラー。

宇宙戦艦のような風格。針も残っていて、しっかり機能する。

Raymond Loewyが1975年にデザインした、Air Franceのコンコルド機内食用カトラリー。こんな珍しい物がポロッと地面に並べてあるのを見つけたりすると、雪の日にわざわざ出かけた甲斐もある。

寒暖計。肝心のガラス柱部分がないので気温は計れない。ケガしないように工夫された角のデザインの処理や、文字のかすれた感じがいい。

最近立て続けに見つかるクルミ割り。前週に見つけたものと同じデザインで、19世紀末頃の生まれ。

柄に控えめな彫り模様があるハサミは、おそらく裁縫用。切れ味は現役。

この3点は、スタンドを出していた知人が、私のためにと取っておいてくれた。私がツバメ好きだと覚えていてくれたのだな。

木箱は、デパートLe Bon Marchéで売られていた、待ち針のパッケージ。水平スライド式の内箱が欠けているのは残念だけれど、色鉛筆を立てておいたりするのも素敵だ。

小学校の教材用スタンプ。素朴な絵でなごむ。

壁に飾ると幸せを連れてくるツバメの、素焼きにペイントという珍しいタイプ。頭がツルっとしていて、かわいい。

4 Comments

  1. ゆみはん

    お久しぶりです。
    寒いなか、素敵なものたちに出会えて、お出掛けの甲斐がありましたね!
    お風邪などお召しになりませんように。
    つばめさん、めちゃくちゃかわいい。
    全体の写真で、惹き付けられました。

  2. paris_saisai

    ゆみはんさん
    お久しぶりです!今はだいぶ暖かくなっているのですが、あの日は本当に寒かったです…
    つばめ、かわいいですよね。頭部の絶妙なカーブがたまりません!

  3. Le 1er Aout !

    グリーンのボトル、文字のプリントの感じいいですね〜。
    カトラリーもめっちゃいい♪
    もちツバメさん〜!!!
    暖かくなってきたらもぉ〜全開バリバリで動きまわれそうですね!

  4. paris_saisai

    Le 1er Aout !さん
    文字の入ったものに相変わらず弱いんですよね…
    急に気温が上がって、今日なんてタンクトップの人もいましたよ〜!