パリ2区(Passage des Panoramas)のブロカント | 2016/11

このブロカントは去年は中止で延期されたんだった、と思い出しつつ訪れた2区のブロカント。地域住民とプロがちょうど良く入り混じった構成で、いつ行っても楽しいところ。元々狭い上に人が多いので歩くのは大変だけれど(元気な時に行くのを推奨)。

好きで少しずつ集めている古いレース編みの手袋、これはおそらく1930年代頃の品。身長の割に小さい私の手には、昔の手袋がちょうど合うことが多い。

編み模様も控え目で品が良く、試着させてもらったらサイズはぴったり、状態も素晴らしかったので即決。

そして、アルミ製の指輪を2個。

Art du Poilu(兵隊芸術)ともArtisanat de tranchée(塹壕工芸。トレンチ・コートの「トレンチ」のフランス語がtranchée)とも呼ばれ、19世紀後半の普仏戦争時に発祥、第1次世界大戦中に広く知られるようになった手仕事の品。兵役中の男性が、真鍮製の薬莢や壊れたアルミ製の食器などの軍の廃棄物を使って創作した、小物や装飾品である。

民間人も大々的に召集された第1次世界大戦では、本職が工芸職人やアーティストという兵士も少なくなかった。また、塹壕戦メインの当時、作戦決行までの待機時間も数日から数週間程度と長く、休息日や隙間の時間を見つけては創作に勤しんだ者も多かったという。

故郷で待つ恋人のために指輪や首飾りを作ったり、自分用に凝った装飾のライターや煙草入れなどをこしらえたりしたようだ。慣れた手仕事に集中することで、前線にいることのストレスが多少なりとも解消され、人間的な感情を取り戻す時間を持てたという面もあったとか。

私が見つけたのは2個ともアルミ製で、1つは中央に十字架と、その左に1914、右に1916と彫られている。1914年から1916年に兵役に就いた人の作品だと思われる。

もう1つは、ジャンヌ・ダルクの時代からフランスで愛国心の象徴であったロレーヌ十字を中央に据え、両脇を四つ葉のクローバーが固めたデザイン。