奈良観光など

長崎の友人が奈良まではるばる訪ねてくれるという日、待ち合わせより早めに出発して平城宮跡へ行くことに。前日に近鉄百貨店西大寺店の屋上駐車場から見えた第一次太極殿(平城京遷都1300年記念の2010年に復元)を間近でぜひ見たいとの、夫の希望である。

高校時代は毎年、ここ平城宮跡で部活の新入生歓迎ピクニックなどを開催したもので、私にとっては懐かしい場所。

近鉄西大寺駅で「平城宮跡へは南出口」という指示に素直に従ったら、全然辿り着ける感じがしない。諦めて近鉄百貨店側の北出口に戻り、グーグルマップに従って歩くと、15分弱で到着。あの駅出口案内の表示は不親切なのではないか。方角的に、南側の朱雀門から入場して第一次太極殿を拝む形に持っていきたい気持ちは分からなくもないけれど、徒歩での訪問を考えている人間にとっては、ちょっと意地悪だ。

駐車場から遠目に見て想像していたよりもカッコいい、威厳ある建物。しかも入場無料、平日朝でほとんど誰もいなかったので、こんなにスッキリした写真まで撮れた。

当時の天皇が、儀式の際に着座した高御座(たかみくら)の実物大模型。ここで様々な儀式が行われていたらしい。


天井近くの壁画がなんだか可愛くて良いなと思ったら、上村淳之氏が手がけたそうだ。東西南北の方角を司る四神「青龍」「百虎」「朱雀」「玄武」と、十二支が描かれている。

さて、無事に友人Tさんと落ち合い、東向商店街で昼食後、まずは春日大社へ。

そのあと東大寺に参詣、道すがら興福寺境内で国宝の五重塔を見上げつつ休憩し、奈良町方面へ向かう。これら全てが徒歩圏内にある奈良駅周辺は濃密だな、と改めて思う。

奈良で育つと(おそらく京都も)、その辺に寺がたくさんあって国宝がゴロゴロしているのは、ごく普通のこと、のような感覚になるのだ。小高い山に見えるものは大体が古墳だし、地面を掘れば何かしら古い物が出てきてしまうので建設工事がすぐ止まる。県外に暮らすようになって、それらが普通じゃなかったことに気づく。

眼前が海という長崎の雲仙育ちである友人は、奈良の山並みに沈む夕日を見て、美しいと言い目を細めていた。山に沈む太陽ばかりを見て育った私は、旅先で見る海の夕焼けに大感激するのだけれど、彼女にとっては逆なのだ。

そして、奈良交通バスの車体側面を見て「わ、鹿の絵が描いてあってバスまで可愛い!」と言うので面白かった。あの絵には長年親しみすぎて、私には「鹿の絵」ではなくて「バス会社の絵」としか認識されていなかった…

これは先の奈良観光の2日後に、父と3人で行ってきた京都太秦映画村。多分、私も初訪問だったんだと思う、渡月橋とか嵐山の猿の記憶はあるのに映画村の記憶がない。

チャンバラのショーも間近で見ると面白いし、日本を代表する映画人たちの写真や愛用品が展示された博物館(1階は美空ひばり展示室)も見応えあり。