パリ15区(Bd. Pasteur)のブロカント | 2016/10

9月後半のブロカントでは、これといった気に入った品物には出会えず。郊外の街で毎年開催の大きなバザーが中止だとか規模縮小だとかで、行き先の選択肢が例年より少ない気がした。
img_2456
10月の最初のブロカントで、綺麗なグラスを見つけた。
パリ市庁舎、トロカデロ宮、オペラ座、バスティーユ広場、パンテオン霊廟、ノートルダム大聖堂、凱旋門、アンヴァリッド廃兵院、マドレーヌ寺院、レピュビュリック広場、パリ証券取引所などのパリの観光名所が彫られた、いわゆる土産物グラス。金色の大きな文字はおそらくアルファベットのJ(今でも名前の頭文字付きのお土産物カップなどが売られているので、その手の品物だろう)、口縁にも金彩が施されている。
img_2457
グラスの薄さや成型の精密さなどから、1900年から1910年くらいの品物だろうと推定。売り主に値段を訊くついでに年代も尋ねたら、「18世紀のものですよ」という返答にぶっとんだ。「エッフェル塔が彫られているので、18世紀製ってことはあり得ないと思います。塔の完成(1889年)後だから、古くても19世紀末では?」と言うと、「あ、間違えました。これの隣にある紫のグラスが18世紀」と訂正された。初めて見たスタンドだけど、いいかげんだなあ、もう(笑)。売り手がやや怯んだのでチャンスと思い、値引き交渉をしたらすんなり受け入れられた。トロカデロ宮の建物が取り壊されて現在のシャイヨー宮の建設が始まるのが1937年なので、1889年〜1937年のものであることは確か。
今になって気づいたのだが、金文字の下方に左右対称に伸びるリボンの上に、Sèvres Déposéとある。なんと、あのクリスタル・グラスで有名なCristal de Sèvresの物だったとは!金彩も綺麗に残っているし、とても良い買い物をした。