パリ9区(Av. Trudaine)のブロカント | 2016/09


半年ぶりのパリ9区のブロカント。2週間前にも会ったL氏が、ここでもスタンドを構えていた(が、何も買わず)。

ナポレオン3世様式デザインの乳幼児用スプーン、1870年頃の品。好みの細工かつ状態が良いものが見つかって、うれしい。もう1つ、アール・ヌーヴォー様式の柄のついた物もあった。

あるスタンドの卓上にジャラジャラと無造作に置かれたアクセサリーの中に、アール・デコなデザインの指輪を2個見つける。嵌めてみたらバッチリ私のサイズだった(決して指が細い方ではないので、昔の指輪の方がサイズが合ったりする)。これは迷って、両方とも買った。

貴石ではなくガラス玉だけれど、なんというか、あしらいがさりげなくていいんだ、1920年頃の指輪。古び方も完璧。