パリ13区(Bd. Auguste-Blanqui)のブロカント | 2016/08

たびたび訪れている、13区のブロカント

まだ夏休み中だったので、人も少なくて静かだった。
買ったのは、このウィロー・パターンの小さな深皿1枚のみ。

18世紀のヨーロッパ上流階級を魅了した、白く輝くなめらかな肌の、中国の景徳鎮製磁器。
当時ヨーロッパでは磁器製造技術は未確立。されど、中国磁器のあまりの人気に、その青絵を真似て描かれた陶器が、イギリスで作られるようになった。

通常は「柳、2羽の鳥、橋、楼閣、小舟」が描かれるため、ウィロー(柳)・パターンと呼ばれ、親しまれた。19世紀にはイギリスでの流行がフランスに伝播、いくつかの有名な窯でウィロー・パターンの器が製造される。

私が見つけたのはCréil et Montereau窯の物。

およそ柳らしいとは言えない、重力に逆らった奇妙な造形の樹木、橋、楼閣、小さな帆船が、転写プリント技術で絵付けされている。

ウィロー・パターンの主役とも言える2羽の鳥は不在で、代わりに、大きな壷に生けられた花が、咲き乱れている。

角の丸い長方形で深さのある器というのはこちらでは珍しく、食卓での用途がよくわからない。フランス人にとって「東洋らしい」と感じられる横長の角形に近付けつつも、フランスの食文化事情とテーブルウェアとの調和を考慮して、最終的には角を丸くした、スープ用の皿なのだろうか?

それにしても、楼閣の屋根のカール具合が大胆、まるでカツラの如し。奈良盆地の唐古・鍵遺跡(からこ・かぎいせき)の屋根の巻き具合と競えると思う。じっと見ていると可笑しくなってきて、なんとも和む絵だ。

裏面の刻印は、1884年から1920年まで使用されたタイプ。フランスでの市民階級でのシノワズリ流行の時期から察するに、1884年から1890年頃の品物ではないかと。