夢のお菓子 その2

引き続き、La pâtisserie des rêves。
フィナンシエやブリオッシュなどのいわゆる菓子パン(と呼んでもいいのだろうか?という品の良さだけど)もあります。

このChausson aux pommes(ショソン・オ・ポム)は、想像を絶するエレガントなお味。こんな風に外側の皮をパリパリサクサクに作るのはさぞかし難しいのだろうなと、しみじみ思う。
Philippe Conticini(フィリップ・コンティシーニ)氏、やっぱり天才・・・
彼は東京のPeletierで、「味覚ディレクター」を任されている人物だそうで。

2 Comments

  1. azuki

    ただいまこのお店
    京都(高台寺近く)と
    梅田阪急に入っておりますよ
    しかし高いです!
    クイニーアマンが500円しますから……

  2. paris_saisai

    azukiさん
    そうなんですか!年末に京都に行った時に、真新しい紙袋を持っている人を見かけたので、「もしや日本にも支店が?!」とは思っていたのですが、当たりましたね〜。パリでも安くはない感覚のお値段ですが、クイニーアマン、おいくらだったかなあ…