パリ2区(Passage des Panoramas)のブロカント | 2016/01


本来なら年末開催(2015年は12月開催予定であった)の2区でのブロカントが、1月半ばに延期。いつもここは混雑するので(もともと狭い上に、観光客が押しかける人気パッサージュ)、気合いを入れて臨む。

1920年頃のビストロで使われていたというグラス。

台の直径がバラバラで、手作り感が満載。こういうの大好き。

一昨年の同じブロカントでティン缶を売ってもらった、穏やかで感じの良い老婦人のスタンドで購入。100年前のグラスが、こんなに良い状態で残っているとは。

「食洗機に入れちゃダメですよ、白く濁りますから」との忠告をもらったけれど、食洗機を持っていないので問題なし。

別のスタンドで見つけた、リキュール用と思われるミニグラス、これも1920年頃の品。

左の2個を買ったら、右の1個をおまけにくれた。おまけのグラスは脚のデザインが違うことに、撮影するまで気付かなかった… 日本酒を飲むのにも良さそうだし、シャーベットを少し盛るとか、正月のおせち料理ごっこでアボカドクリームを盛りつけたりして使おうか。

ボルドーのJULES VIEILLARD窯のデザート皿、LOUIS XV(ルイ15世)シリーズ。絵付けの雰囲気からして古そうだと思ったら、1880年当時の刻印。

実は、裏面の様子が面白くて選んだ。表と同じ模様が、うっすらついている。

本焼成中、窯の下段の皿の絵付け転写用紙が剥がれて飛んで来て、この皿の裏に貼り付いてしまった、とか?もしくは、絵付けの際に表裏を間違えて転写用紙を貼ってしまい、あわてて剥がしたけれどもあとが残った、とか?

どうも私は「制作中の事故」みたいなものに弱い(布地でも、模様がちょうど切り替わる部分などを欲しがる)。Louis XVの前に書かれた文字「Sce」は、「Service」の略かな。

気さくで冗談好きな女性のスタンドで見つけた、Imagerie d’Epinalの印刷物。

職業をテーマにした教材カードの作りかけ?鍛冶屋、研ぎ師、仕立て職人、ぶどう栽培者、かつら職人など12種類の仕事のイラストが、時に微妙に順序を変えながら、3度繰り返されている。色校正用の試し刷りかもしれない。

これは「帽子屋」のイラスト。ナポレオンの被っていた二角帽子が飾られているあたりに、図案が作られた時代背景を感じる。

エピナル図案印刷所は1796年創業で、その建物、印刷機、所蔵する1344の版木と19世紀のリトグラフ石版が、歴史的遺産として登録されている。

教材用ポスターなどの印刷でも有名だったのだが、時代の急速な変化に取り残されたか、1984年頃に倒産しかける。

1989年に新しい機械を導入、2014年には地元の2企業が投資するようになって、なんとか復活。古い木版の図案を復刻した商品を販売したり、ルスタルら人気アーティストとコラボレーションしたり、印刷工房の見学を受け付けたりして活動を継続している。いつか工房の見学に行ってみたいな!

押し花の散る手漉き紙に刷られた小さなポスター。なんだ、今になって気付いたけれど、アメリカの詩人Samuel Ullmannの作品、マッカーサー元帥が座右の銘として有名な詩の「青春」だった。気になるのは、作者Ullmannの名前の記載が無くて、「1945年マッカーサー元帥による」となっている点。当時はこの詩がマッカーサー元帥の言葉だということになっていたのかな?