JOYEUX NOEL | 2015

昨年とほぼ同じメニュー、5名で囲んだクリスマスの食卓。


イベリコハムのべジョータ(24ヶ月熟成)、Eric Guérin監修だというJean Larnaudieのフォアグラ(これ美味しかった)にゲヴュルツトラミネールのジュレ、ブッラータ&パルマ生ハム&トリュフ入りオリーブオイル、そして恒例のサモサ。

魚介を好きでないゲストがいるので、洋梨&生ハム&バジルのサモサである。サモサ1個につき生ハム1/3サイズだと塩気が勝ち気味だったので、次回は生ハムを1/5サイズにしてみよう。

年に1度のお楽しみ、牛肉ロースト(Coeur de rumsteck)。
ジャガイモのピュレにトリュフクリームを混ぜたのを付け合わせに、トリュフ入りのマスタードも添える。

これもクリスマス専用の楽しみ、トリュフ入りのブリーチーズ。
これを買う際に、トリュフ香が充満した店内で10分ほど行列するのがまた良い。
36ヶ月熟成コンテと超熟カンタルもそれぞれ、チーズボード代わりの古いタイルに載せて出した。

Hugo & VictorのNuits-Saint-Georgesという名のケーキ。去年のビュッシュ・ドゥ・ノエルと同じ物を注文しに行ったら、今年は作っていないと言われ、この普通の丸いケーキにした(味は同じと言われた)。栗とカシスの組み合わせが好きなので、このケーキは定番化して欲しい。器はジアンの脚付き皿

人数が少ないので、買ってきたものを並べているだけの食卓(ちゃんと作ったと言えるのはサモサくらい)。これが6人以上になったら、いかに経済的に、かつ豪華に作ろうかと、工夫を凝らすのだろうと思う。