Joinville-le-Pontのブロカント | 2015/10

約半年ぶり、パリ東郊外Joinvilleでのブロカント。
IMG_1585
風があって肌寒い日だった。
IMG_1586
小さなスプーン。動物の角(?)を彫って作ったような感じ。
IMG_1587
裏側にあるこの段差がたいそう気に入ったので即決。造形上の好みの問題からではなくて、匙と柄の境界をこれ以上薄く削ると強度が落ちるから物理的に残したのだと思われる。でもそれが却って、デザインの良いアクセントになっている。
IMG_1588
真鍮製の子供用容器。コップにしては妙に浅い気がするけれど、なんだろう。1950年代あたりの品。
IMG_1589
「兎と亀」のラストシーンが浮き彫りになっている。亀はもう「BUT(ゴール)」の旗に届くという瞬間。
IMG_1590
ピューター製と思しき小さなクリップは、釣り餌を挟む道具らしい。少年の頃に釣りに親しんだ夫がすぐに言い当てた。

トリコロールの素晴らしい日除けシェード布をテーブルに敷いて店開きしている家族が居て、「これは売り物では… ないですよね!」と駄目元で訊いたところ「違います!」と笑顔で即答されたので退散。朝から何度も同じ質問をされたんだろうな。あれはよかった。