パリ19区(Av. de Laumière)のブロカント | 2015/09

前日の土曜日に訪れた、パリ東郊外Saint-Maurとパリ14区では、何も買わずにとっとと退散。

その後、あまり期待せずに19区で開催のブロカントにも寄ってみたら、好きな物がたくさん見つかった。

ままごと用の小さなボウル。このサイズ、お茶を飲む時にちょうどいいのだ。

陶製のDanoneのヨーグルト瓶を2個。すでにいくつか持っているのに、見つけるとつい集めてしまうのは、ゴロンと丸い愛嬌ある姿のせいか。

ハガキを色々。

1950年代のアンディー・ウォーホルのドローイングを思わせるモダンな天使の絵は、1906年の消印。

赤いベタ地にアール・ヌーヴォーな枠線、乗馬するカップルがさらっと描かれたカードは1907年消印。今までに集めたハガキの中でも、最も気に入る品々となった。

擬人化された猫のイラストのカード。

夕食のスープ配膳を待つ子猫、海辺で休暇を楽しむ猫、市場で買い物をする猫!

特に、真ん中の海辺の休暇の絵は、砂遊びをする子猫、砂の城を作る少し大きい猫、船を漕ぐ猫とそれを見ている猫、寝そべる大人猫、双眼鏡で船遊びを見守る大人猫、と芸が細かい。そして私は、「猫」「猫」と連続でタイピングして今、とても幸せな気分だ。

面白いビュヴァー(広告付きのインク吸い取り紙)も、2枚購入。

左の方は包帯の広告で、アコーディオン弾きらしき男性が、包帯でミイラみたいにぐるぐる巻きにされている。アコーディオンを弾くように繰り返し動いてもズレない伸縮性と、体の形に沿って且つ簡単にはほどけない、高い品質を謳ったのだと思われる。イラストはGerorges Favre、1930年代頃に活躍していたイラストレーター&グラフィック・デザイナー。

右のビュヴァーは「破れない、穴の開かない画期的な靴下」の広告。スクリーントーンの巧みな重ね張りが、均質に編まれて丈夫な品質を、見事にアピールしている。低予算の2色刷りでも、素晴らしいヴィジュアルは創れるものだ。