ラタトゥイユ

この夏、新しいコツを友人Hさんに習い、久しぶりにラタトゥイユを作った。
私はラタトゥイユには生のトマトを殆ど入れない、水っぽくなって味がぼんやりするので。赤パプリカたくさんにズッキーニと玉葱と茄子で作って、途中でセミドライトマトか濃縮トマトピュレを少しだけ加える。

教わった新しいコツは、茄子だけを別にしてじっくり火を通すこと。今までは、1,5cm角に切った野菜を、火が通りにくい順に炒め加えていく方法で作っていた。このやり方でも十分美味しく出来るのだけれど、オリーブオイルを足し続けるので油っぽくなるのが難点。

茄子を中火でじっくり炒め(20分以上かかったと思う)ながら、別鍋に同時進行で玉葱、ズッキーニ、パプリカの順に火を通していく、タイムと塩を加えつつ。火の通った茄子を残りの野菜に加えて味見、濃縮トマトピュレかトマトコンフィを少々加え、バルサミコ酢、醤油、蜂蜜などで味の調整をする。この方法だと、野菜の形がキリッと残ったままで、都会的で繊細なラタトゥイユに仕上がる(とは言っても、田舎料理なんだけどね)。
IMG_2712.jpg
Enzo Mariの青いココット鍋で調理。ちょっと調子に乗って玉葱を入れすぎ、白っぽい仕上がりになっているが、味はなかなか。ローストチキンと合わせたり、冷やしてそのまま食べたり、毎日飽きない。
Cabillaud-ratatouille2.jpg
Hさん作の「鱈のベーコン巻き、ラタトゥイユ添え」は、ぷりっとした鱈の身にシャキっとしたラタトゥイユがピッタリで、とても美味しかった。冷えたロゼワインがどんどん進む、夏らしい料理。

2 Comments

  1. le+1er+aout

    きれい♪私もラタトゥイユ好きでたまに作るのですが、もっと大きくカットしていて、すごく自己流;;;こんどこちらのレシピ見ながら作ってみま~す♪

  2. paris_saisai

    小さめにカットすると火の通りも早いし、見た目もきれいなので得した気分です!
    赤パプリカ多めがやっぱり美味しいですね~♪