パリ12区(Cours de Vincennes)のブロカント | 2015/06


Diderot大通りのブロカントの後、Nation広場を挟んだ逆側のエリアで開催のブロカントへ移動。5月にも同じくらい大規模なブロカントに来た。

パスティスのメーカー、Pernod Ricardのピッチャー。

底面の刻印はMoulin des Loupsで、ちょうど2年ほど前に同じ物を買っているのだが、あまりに状態が良いので2個目を購入。ちょっとまだアール・デコの雰囲気が残っているデザインなのが面白い。

「あなた達、この前もうちで何か買ったわよね、覚えてるわ!」と言われて驚いてよく見ると、この間のパリ3区のブロカントで、グラスを売ってくれたスタンドの人だった。

こちらは昔のプレス用写真。

パリ13区のゴブラン織り工房を撮影した1枚で、裏面に鉛筆書きで「1944年4月25日」のメモ。廊下みたいな長い空間で、立ったまま織っていたとは知らなかった。腰を傷める人も少なくなかったんではないだろうか。そして、作業服がお洒落でいい。