パリ13区(Bd. Arago)のブロカント | 2015/06


4年前にも訪れている
、13区のブロカント。

1960年代製、ミシュラン直営整備工場のDémonte-pneu(タイヤ交換用レバー)。

「Made in France」とか「Fabriqué en France」と、しつこく繰り返されている。コピー品でも出回る心配があったのか?

彫刻としての鑑賞に堪える、姿の良さ。

ひっくり返しても良い。

これは結婚式の時に作られる「Livret de Famille(家族手帳)」、市民婚を執り行う役所(当事者2人のどちらかが、6ヶ月以上居住している市町村)が発行する、婚姻証明書である。

昔はどうだったのか知らないけれど、現在では発行役所ごとに表紙の色もデザインも全く違って、フランスらしくて面白いと思う。

パリ17区役所にて、1892年に発行。19世紀の家族手帳!いい紙だな…
不正コピー防止策として、当時としては最高級の紙を使ったと見え、透かしの横線が7本入っている。

夫婦の欄の後に子供の記録が続くのだが、4人のうち3人が、20歳そこそこで亡くなっている。ちょうど第一次世界大戦の時期と重なり、息子のピエールさんは戦死、あと2人の娘さんは、パリとカンペールでこの世を去っている。最も長く生き残ったのは、この家族手帳になってしまった。