夫の誕生日パーティー

夫が40歳を迎えるので、彼の友人を招いてパーティー。
フランスでは、18歳(成人する歳)、30歳、40歳… という節目の誕生日に、いつも以上に盛大なパーティーを開く習慣が「なんとなく」ある。

中学時代からの親友が2名だけという、かなりシンプルな交友関係で生きている夫。
我々の結婚式の新郎側の証人も、彼ら2人だった。よって招待客は、S、G、GのパートナーVと、GとVの10歳の娘D(中学生の長男Rは、家でゲームしていたい年頃らしい)の4名。

メイン料理は、主役の熱い要望によりトンカツ。

まずはアペリティフ。ブロカントで集めた皿を総動員。

ちょうど土用の丑の日だったし、鰻で寿司など作ってみた。
長方形の皿は、去年デュッセルドルフのブロカントで買ったもの。

長尾智子さんのレシピ、クミンチキン。冷やして前菜風に出してみた。
器はMalakoffのブロカントで買ったもの。

トンカツをCul noirの大皿に豪快に盛れば、不格好なのも適度にごまかせる。
狭いキッチンで6人分の揚げ物を準備するのはけっこう大変。10年に1度ならいいけど。
つけ合わせはじゃがいものピュレと、夏野菜グリルのパルメザンチーズがけ。

デザートのケーキまでは手作り出来ず、パリのStohrerで買ったシブースト。
それと、誰に出しても必ず絶賛のデザート、バニラアイスクリームの古々味醂がけ。
10年熟成の味醂は美しい琥珀色で、チョコレートのようなキャラメルのような、甘い香りがする。

25年以上の友達同士、涙を流しながら大笑いしっぱなしで、気付けば夜中の1時半。
GもSも翌日は仕事のはず…

みんなを送り出した後、2人で黙々と洗い物を終えた頃には、午前3時。