Nangisでの収穫

日曜日のNangisでの収穫。
IMG_2484.jpg
Villeroy & Bochのミルク入れ。メーデーにSt.-Germain-en-Layeで、友人Tさんが買ったものと同じような気が… 注ぎ口が欠けていないのは非常に珍しい。

右に積み上げたのは、Marie-ClaudeというシリーズのGienの深皿。

縁に描かれた模様が皿全体に白い星形を浮かび上がらせる意匠のソーサー2枚(H.B.C.MのColetteというシリーズ)、小皿として使っても、あまり違和感の無い感じ。ステンシル技法の絵付けだが、スプレーではなく筆で着色。

クリーム色の3枚は、ままごと用の深皿(H.B.C.M)。抽象的な変わった絵だと思ってよく見たら、とんがり帽子を被った男性が森の中にいる、具象モチーフだった。

紺のロゴ入りの白い小皿は、まるで日本の食器のよう。TGCという会社か… と思ってググってみたら、山ほど出て来たのでびっくり。Tokyo Girls Collectionとかもあったけど、それはさすがに違うだろう。さっそく醤油を入れて使ってみたが、あまりに自然だったので特に感想はないな。

青い小花模様のソーサー、刻印はCとMが重なった形。これに黄色いマカロンとか、アラブの白いお菓子を載せたら似合いそう。
IMG_2489.jpg
左奥の茶色い花模様のデザート皿(H.B.C.M MONTEREAU)

ラヴィエ(オードヴル皿。H.B.C.M, Villefranche)

大胆な花の絵のカップ(H.B.C.M, Luxeuil)

大事に使い込まれてすっかり変色した、アールヌーヴォー風の赤い絵のソーサー(H.B.C.M Terre de Fer)

繊細な縁模様にエンボス模様が重なる様子が美しいディナー皿(Terre de Fer, Choisy-le-Roi)
IMG_2490.jpg
これは綺麗だー!
IMG_2491.jpg
ラヴィエの絵も可愛い。