パリ2区(Pl. de la Bourse)と9区(Bd. Haussmann)のブロカント | 2015/03

証券取引所前の広場で定期的に開催されるブロカントへ、ほぼ2年ぶりの訪問。そこから徒歩5分弱の、オスマン大通り沿いのブロカントにも続けて立ち寄った。
IMG_1022
使うあても大して無いのに、じわじわと集まって行く卵立て。
IMG_1023
この愛嬌ある坊やとバッチリ目が合ってしまった。卵を載せると急に人間らしくなるもんだ。
IMG_1024
横顔は意外にも、顎なしの絶壁君。卵の白身の肌色に黄身の髪色なのだと思われるが、この殻の色だとちょっとカツラっぽいね。むしろハゲヅラっぽいとも言えるか。
IMG_1025
そしてこちらはミシュランのガイド、1900年版の再版本。去る西暦2000年に、発行100周年記念のために作られた特別付録だったようだ、知らなかった。レストランガイドではなくて、宿泊施設・ガソリンスタンド・修理工場の有無など、市町村の情報が記された旅行お役立ちガイド。
IMG_1026
最初は、車の部品の名称と分解手入れの方法などがイラスト入りで数ページ続く。最後の方には見開きで、左ページに月齢と毎日の日の出日の入りなどの自然情報、右ページにガソリン消費量やオイルの状態などを書き込む表が。
IMG_1027
風通しの良すぎる乗用車の広告。馬車に毛が生えたようなスタイル。
IMG_1028
続けて寄ったオスマン大通りのブロカントでは、布用の木製版下を見つけて購入。大工道具のような物がたくさん寄せ集まった、なんとも不思議な版デザインである。
IMG_1029
目が詰まっていて大変硬い木材に、どうやってこんな細かい彫りを施したのかが不思議。1940-50年あたりのものではないかと言われた。自立するので、彫刻作品として楽しもうと思う。