バスク模様の皿とEnzo Mariの鍋

4月の農産物見本市で購入したきり忘れていた鴨肉のパテを開封。
IMG_2492.jpg
パッケージのイラストが可愛いのだ。
IMG_2493.jpg
鴨のパテを前菜に、メインはパスタ。バスクの皿の配色に合わせて、先日購入したEnzo Mariの赤い鍋を。あまりにピッタリで、自画自賛の記念撮影。トングがピカピカ過ぎるのが少々残念、そのうち、いい具合に田舎っぽいのを見つけよう。

気付けば、赤・青・黄・緑・黒と、五色の両手鍋が揃っていた。黒以外はすべて40-50年前の製造。見た目は少々くたびれていても機能に問題なし、鋳物は丈夫で長持ちで一生もの。洗う時に重くて大変だけどね… だから年配者は、ブロカントで鍋を手放すのかもしれない。捨てる神あれば拾う神あり、万物は流転する… なんのこっちゃ。