Malakoffとパリ13区のブロカント

この前の土曜日は、パリ南郊外の町、Malakoffへ。

駅の出口すぐの所からスタンドが並び、にぎわっていた。
町内会バザーらしく、子供用の古着やチャイルドシートや仮装用ドレス、小さな家電用品などが主。狭い通路にカートを引いた人々がうごめいて、イモを洗うような混雑だ。
文字どおりのカオスの中、好みの品を探し当てた時のよろこびは、また格別。

 

約2時間で見終えて、パリ13区のブロカントへ移動。
こちらは先に行ったMalakoffより小規模。木陰の広い歩道に余白多めのスタンド配置で、とても見やすい。

終了後は近くの中華街で昼食ののち、帰宅。
先週の5か所めぐりで疲れて懲りて、おとなしく2か所のみ。

この日の収穫。

お皿8枚。
DigoinのBastiaシリーズ6枚と、Marinetteシリーズ2枚。
欲しかったのは3枚なのに、全部まとめて買えと言われた。よくあることだ。

やや野暮ったいような、眠いベージュ色の深い容器。
サラダボウルかもしれないし、パテ等の保存容器かもしれない。

ピンク色のカップは、おそらくDigoinのもの。同じような色のものが、少しずつ集まってきている。

バスク模様のソーサー。
すでに持っている欠けたソーサーの替わりになるかなと思って買ったら、微妙に深さがちがった。
(以上、Malakoff)

 

ふちに緑色の水玉模様がついたボウル。模様がガタガタで、不器用にズレているのがいい。

手前の中央は、Creil & Montereauのクリーム入れ。
内側が丸くえぐられた形。いつか買ったポマードの容器と似ているので、薬用クリームが入っていたのだろうな。

手前の左の器もおそらく、クリーム入れ。
(以上、パリ13区)