レピュブリック広場とサン=シュルピス教会

古いポストカードが最近気になる。ブロカントの度に必ずハガキ売りの業者を探している。

数年間のパリ滞在を終え、明日の飛行機で日本へ帰国するCさんとMさん(便は違えど同じ日に偶然経つことになるとは、さすが仲良し)。嵩張らないもので、何か思い出になるようなものを餞別にしようとYさんと話し合い、エッフェル塔型の銀製ペンダントヘッドを準備していた。そこに、彼女達が住んでいた地域のポストカードを、私の思いつきで追加。
St-Sulpice.jpg
Cさん宅のすぐ近くだったSaint-Sulpice教会。1906年の日付、裏面には美しい筆記体で書かれた短い便りが読める。100年以上前といっても、特に現在の姿と変わらないのがパリらしい。左の方に修復工事の足場があるのも、今と同じ感覚。
pl-Republique.jpg
Mさん宅の近くだったRépublique広場界隈。ここでも何も変わっていない。

実際に歩けば排気ガスとゴミと落書きと犬の糞でウンザリすることも多いけれど、こうして2次元で見れば、今も昔も美しいパリ。