パリ20区のブロカント

先週の日曜日。午後も遅くに出かけた、パリ20区のブロカント。

気温も高めで大混雑な上に、駅前から放射状に伸びる道という道すべてにスタンドがぎっしりで、いったいどこから見始めればよいのやら…

すでに15時すぎ、冷やかすだけのつもりでいたら、ちゃんと欲しいものがあった。

ままごと用の小さなボウル。
色ちがいを持っているウロコ柄と、バンブー柄を1個ずつ。

これで3つ目になる、白い重いボウル
売り主の60代くらいの女性の、両親の持っていた物だという。

クリーム色の蓋つき容器は、これも3つ目になるフォアグラ入れ

背面に美脚を隠し持つ、金箔貼りの木製の丸いフレーム。