Courcelle-sur-Yvetteでの収穫とアクシデント

日曜日のCourcelle-sur-Yvetteでの収穫。

1950年代のRicardのロゴ入りグラス。
売り主の男性は「1970年頃のだ」と言っていたものの、ロゴの雰囲気が当時の感じではなく腑に落ちず。調べたら、やはり1950年代のものだった、納得。

気持ち良さそうに馬が駆ける絵の、鍋敷き。素朴な絵にグッと来る。

Balkansヨーグルトのガラス容器。
夫は「Balkansだ!」と懐かしがったが、私はそんなヨーグルトは見たことも聞いたこともない。底がやたらと厚い。

ひと目ぼれした、壁かけコーヒーミル。

以前、Saint-Rémy-lès-Chevreuseでも見かけたことのある男性のスタンドにあった。
このタイプの陶器製はよく見かけるけれど、金属製のは初めて。しかも、クリーム色の色合いといい「Café」と書かれたプレートのロゴといい、モロ好み。

アールデコっぽいと思って訊いてみたら大正解で、1930年代のもの。
売り主の父上がコーヒーミルの大コレクターだそうで、彼の35年にわたる蒐集人生の結晶が売りに出されている、と。なるほど、良いものだけを持っているわけだ。

キッチンには飾る場所がないけれど、どうしても欲しくなってしまった。私の短いブロカント史上で、2番目に高い買い物。

買ったばかりのコーヒーミルを大事に抱え、来た道を少し戻る。
このミルにぴったりな雰囲気のティン缶のキャニスターを、さっき見かけたような気がしたのだ。

レトロな雰囲気のエメラルドグリーン地に、横長の四角いプレートで「Thé」と「Poivre」の2個が仲良く並んでいる… やっぱり似ている。訊いてみたら、キャニスターは1950年代のものだという。まあ、時代はちがえどデザインは似ていて家族のような感じだし、こちらも購入した。

帰宅して、さっそく買ったものを洗う。
キャニスター表面の汚れは油分なので、油汚れ専用ムースを吹きかけて、しばらく置いておく。
さて、そろそろ流水で泡を落として… と、そこで事件発生、キャニスターのペイント、みるみる流れ落ちる!!!!!

(´༎ຶ۝༎ຶ)!!!

すっかりきれいに全て落ちてしまって、アールデコ風でもなんでもない「ただの缶」になってしまった。昔のペイントって、弱いんだね…
このムース洗剤でアルミ製品はピカピカになるんだけど、ペイントは駄目なんだね… と学習。

大体、好きで古いものを買っているくせに、潔癖になりすぎた。これじゃ本末転倒だ。

というわけで、写真を撮る間もなく消えてしまったキャニスター。
まあ、こういうこともある。

4 Comments

  1. しじみ

    そのキャニスターもびっくりしてるやろなー(・・;)
    突然、なんかかけられて、裸にされて…(((^_^;)
    せやけど、それもウンメイ!
    早く、グリーンちゃんがつかるといいね!
    (^_^)

  2. paris_saisai

    しじみはん
    あまりにシュールな光景で、開いた口が塞がらんかったよ・・・
    せめて写真を撮りたかったなー!
    古いもんは、デリケートなのを学習した。

  3. Pingback: パリ15区(Rue Saint-Charles)のブロカント | パリ彩々。

  4. Pingback: Maisseでの収穫 | パリ彩々。