Manufranceのカタログ

カタログ通販というものは一体、いつ頃から始まったのか…と、好奇心から調べてみたら、1930年発行の通販カタログをeBayで発見!
IMG_2077.jpg
厚いカタログだったのを、カテゴリー毎に分解して製本し直されている状態のよう。左側が「文房具と事務用機器(1925年発行)」、右側が「インテリアと家電製品(1930年発行)」。このManufrance(マニュフランス)の母体は1885年創業。フランスから贈られた自由の女神像がニューヨーク港に到着し、宇都宮駅で日本初の駅弁が販売された年でもある、1885年。

もともとは猟銃や狩猟用品を売るカタログなので、商品カテゴリーに直接関係のない猟銃の広告が挟まれていたり、猟犬のミニ図解ページがあったりする。
IMG_2078.jpg
「インテリアと家電製品」の、台所用品のページ。蚤の市でも滅多に見かけないような、不思議な道具類もたくさん。
IMG_2078-z.jpg
しかも、手描きのイラストが版になっている。デザイナーの仕事量を思うと、頭が下がる。
IMG_2080.jpg
これは「文房具と事務用機器」の、スタンプのページ。
IMG_2080-z.jpg
日付けスタンプの例が「1903年11月26日」や「1904年4月9日」なところに、時代を感じる。昔の黒い頑丈そうなタイプライターとか、デッサン用の画用紙とか、美しいペン先なんかのページもあって、見ていて全く飽きない。中でもタイプライターはお奨め商品らしく、「商人は、タイプライターを持ってしかるべき。商人は、「TYPO(タイプライターの商品名)」を持ってしかるべき!」なんていうコピーとともに、先頭ページにどーんと掲載。商品イラストとは別に、工場のような空間に何百人という女性たちが整然と並んでタイプライターを打つ「補足的な状況説明」のイメージもあって、なかなか面白い。

1930年と言えば世界恐慌の直後。その割には、このカタログからは不景気の様子が今ひとつ感じられないなと思ったら、フランスが恐慌の影響を受け始めたのは1931年以降だったらしい。