Ris-Orangisのブロカント

雪もほとんど溶けて気温が少し上がった、過ごしやすい週末。

土曜日にはRERのD線に乗って、パリ南郊外のRis-Orangisという町のブロカントを訪問。駅からは歩いて10分ほど。

川沿いなので恐ろしく寒いのでは、とビクビクしながら着いてみれば、意外と平気。
ただ、急に溶けた雪でぬかるんだ土の上を歩くのは、街歩き用の靴だと少々つらい。

そこで大活躍したのが、フランス人御用達のスポーツ用品店Decathlonで買った、ゴム製ショートブーツ。
他の用事で買い物していた時に、偶然に迷い込んだ乗馬用品売り場で発見した。
足幅が広めで履き心地も楽。値段は15ユーロ弱で、ドロドロに汚れてもシャワーでざーっと洗い流せばいい。

帰り道で、かわいらしい車を発見。