Courcelle-sur-Yvetteとパリ13区のブロカント

本日は、パリ南郊外のCourcelle-dur-Yvetteという町へ。
なぜか最近は南郊外へ行くことが多い。

Les Halles駅からRERのB線に乗って40分、終点の1つ前の駅で下車。

これが駅舎で、その辺の一軒家よりも小さいかも。
パリでは溶けていた雪が、まだしっかり残っている。郊外は一段と寒い。

駅から徒歩13分とグーグルマップ先生は言うものの、実際には5分。
約300スタンドという前情報に期待をふくらませて到着すると、多めに数えても30あるかどうかという有様だった。
私が着くのが早すぎたのか、それとも寒さで出店を断念した人が多かったのか?

しかも、大きなブロカントにはつきものの簡易トイレが、ない。困った。
駅前にはカフェもなかったし。

それで、思いついた。ひと駅向こうの終点の、Saint-Rémy-lès-Chevreuseまで行ってしまえば、駅前にお手洗いがあったはず。

タイミングよくやって来た電車に乗って行ってみたら、お手洗いもあったけれど(故障中でなくてホッとした)、営業中のカフェも駅前に発見。
こんなカフェあったっけ?小さめのファミレスというたたずまいに暗めの照明が「昔の純喫茶風」で、ちょっと気になる。

復路の切符を買って、パリ方向へまたひと駅だけ戻る。
ここのブロカントでの買い物は2つだけ、なんだか物足りない気分だ(20分くらいで見終わってしまった)。まだ10時過ぎだし。

Denfert-Rochereau駅で下車して、パリ13区のブロカントへ。
Auguste Blanqui大通り高架下でのブロカントの出店者は、100%プロ。
大きな家具なんかも多い。どうせ高いし目の保養だけにしようと思っていたら、面白いものを見つけた。

ブロカントの端に続くようにして朝市を見つけたので、成り行きでタマネギとキノコを買って、帰宅。