夢のお菓子屋 秋のケーキ

Jさんと私がとり憑かれたかのように通っている、La Pâtiserie des rêves。
秋のケーキもさぞおいしいだろう、ということで、また来た。

寒々とした空色、さすがにテラス席は無人。

今回は初めて紅茶を注文してみた。
猫舌のフランス人に合わせてあるのか、まったく熱々ではない。

Cylanが食べたかったのに、なかった… 代わりに、同じ種類で秋の装いの、Entre-deuxを。濃厚なチョコレートがベース。

Jさんが注文したモンブラン。
砕かれたマロングラッセが、底の方に隠れている。

One Comment

  1. Pingback: 鰹をまるごと | パリ彩々。