Eglyでの収穫

日曜日のEglyでの収穫。

ずっと探していたワイヤーのカゴ。
見つかる時は急に見つかるものだ。

左のカゴの中には、Monsavonのアルミ製の石鹸ケースと、バスクの陶器に似た配色の卵立て。

ヒヤシンス栽培用ガラス瓶を、ピンクと黄色の色ちがいで1個ずつ。

フォションのロゴ入りテリーヌ容器。

ままごとのアイロンとコンロ。
コンロはBeynesで買ったものと同じかと思っていた。よく見たら全然ちがう。

コンロに立てかけたのは、1950年代の缶切り。「ボーイスカウト」と書いてある。

黄色い円形の鍋敷きは、ままごと用。

鍋敷きの上には、パスタのメーカーLustucruのキーホルダー。

持ち手つきの小さな丸い金属は、粉ミルクのメーカーGuigozの計量カップ。

若草色のホットチョコレート用ポット。
蓋のつまみが花のような形で、木のハンドルの質感といい角度といい、素晴らしい!
上塗りされているものの、これもなかなかいい色。

2 Comments

  1. ゆみはん

    若草色のコーヒーメーカー、めっちゃユニークですね。琺瑯のコーヒーポットなんかはよく見ますが、この位置に異素材の取っ手?
    軽い衝撃と笑いがこみ上げてきました。欲しいかも☆

  2. paris_saisai

    ゆみはんさん
    持ち手の位置はあまり珍しくないです、時々見かけますよ~。琺瑯製ポットは、今まであまり気に入ったものに出会わず、まだ持っていないです。