Germain

P1020575.jpg
ひと月半ほど前に行った、Germainというカフェ。
日本から出張で来ていた友達Hさんと一緒に、お昼ご飯を食べました。
P1020568.jpg
斬新で奇抜なインテリアですが、意外に落ち着く空間。テーブル同士の間隔が広く取られているからでしょうか。まだ12時を過ぎたばかりで、お客さんはほとんどいない。
P1020570.jpg
注文を取りに来てすぐに出されたオリーブと、なぜか紙袋に入ってやってきたバゲット。バターもおいしくて、ついつい食べ過ぎてしまいます。
P1020571.jpg
前菜に二人で分けた、セップ茸のソテー。
極薄にスライスされた生のセップ茸の香りが、食欲を刺激します。
P1020572.jpg
私がメインにとった、オーガニックの餌で育ったサーモンの蒸し焼き。
付け合わせのじゃがいもも、ソースもおいしい。
P1020574.jpg
Hさんのメイン、イベリコ豚のソテー、付け合わせはカボチャのピュレ。
小さい器に入っているのは確か、piment d’espeletteというバスク名産の唐がらしを使った調味料だったような。写真では、もみじおろしみたいに見えますね。
豚肉の焼いたのに柚子胡椒をつけるのに似たセンスだと思うのは私だけでしょうか。
P1020576.jpg
食後のコーヒーには、CHAPONのチョコレートがおまけについてきた。
ゆっくり話しているうちにあっという間に1時間半が過ぎ、店内は満席。評判通り、オシャレな人が多い。お勘定を頼もうにも、なかなか担当のサービス係の人がつかまらない… ので、待っているうちに14時に(フランスでは、食事もお茶も、時間に余裕を持っていないと大変。無理なスケジュールで動かない事、急がないことが一番)。
サービスはにこやかだったし、お料理もマル。お値段は安いとは言えませんが、高すぎることもない。上品な量でサーブされるので、胃の小さい日本人にはちょうど良いと思います(フランス人には物足りないかも?)。

Germain
25 rue Buci, 75006 Paris